なぜストレスが抜け毛を増やすのか

ストレスと毛髪の問題は根が深いものです。

心労が重なると髪の毛に白髪や抜け毛が増えたり、円形脱毛症の原因になることは古くから良く語られています。

どうして人は強いストレスがかかると、毛髪に症状があらわれてしまうのでしょうか。

ストレスと血行にはとても強い関係があります。

ストレスを過剰に受けると、私たちの体の中で、交感神経と副交感神経に強い影響を与えます。

自律神経に乱れが起こり、血行不良が起こってしまうんです。

血行不良が起こると、抜け毛だけでなく体のさまざまな場所に影響が起こります。

手足がつめたくなったり、頭痛が起こったりしますよね。

髪の毛や頭皮は血流が悪くなると、栄養がいきわたらなくなります。

そこで白髪が出たり、抜け毛が増えたりといった症状が出てきます。

また、ストレスを受けるとホルモンのバランスが乱れます。

体が緊張して男性ホルモンの分泌が増えてしまうこともあります。

男性ホルモンの分泌量が増加すると、抜け毛を起こす成分が増加してしまうのは、男性型脱毛症でも良く指摘されています。

男性ホルモンはAGAの抜け毛の原因になるといわれているからです。

抜け毛を作りやすい男性ホルモンの分泌は、ストレスにも大きく関連していることがわかります。

免疫が正常に働かなくなることも理由にあげられます。

ストレスは溜め込まず、早めに解消する工夫を身に着けないと、抜け毛だけでなく、長い目で見ると体調管理にも悪影響を及ぼしてしまいます。

Comments are closed.