投稿日:

既製デザインのぼりはどこまでアレンジできますか?

既製デザインのぼりには、のぼり制作に長年携わってきたプロの知恵が集約されています。

インパクトが強く、見た人への説得力も強烈。

それをうまく生かしましょう。

■既製デザインのぼりのメリット・インパクトを生かす。

「既製デザインのぼり」とは、のぼり旗店にあるサンプルの旗のことです。

オリジナルデザインののぼりと異なり、一部をアレンジして使うことが出来るので、仕上りにイメージのギャップがなく、納期も早くてスムーズというメリットがあります。

ではどこまでアレンジできるのでしょうか。

基本的には、サンプルにあるデザインを崩さないレベルです。

メインになっている旗のタイトルを換えるなら、書体はそのままで文字数も合わせましょう。

■色の変更は可能でもイメージが一変する可能性が。

色については、地色を変えたり、文字の色を換えたりすることもできます。

また限定付の日にちを入れたり、先着順受付開始などの文字を追加したりすることも可能です。

しかしあまり多くの変更を加えるとデザインの原形がなくなり、インパクトが薄れる可能性があります。

とくに書体や地色については注意が必要です。

■既製デザインのぼりのアレンジについては、要望書などに変更点を書き、のぼり旗店の担当者と相談しましょう。

最終的に既製デザインのぼりがどこまでアレンジ可能かは、依頼先のショップによって異なります。

また追加の文言を入れる場合には全体のデザインとのバランスを考えレイアウトする必要があります。

担当者と打ち合わせして、必要最小限に留めましょう。

要素が多すぎるとアレンジの範囲を超えてしまう可能性があります。

【関連記事】https://daitoshijonawate.goguynet.jp/2018/11/23/pannyaganabeyasannni/