寝不足にならないことで抜け毛対策をしよう

抜け毛の原因を作る生活習慣のひとつに寝不足があります。

十分な睡眠をとることや睡眠の質をあげることは健康維持にもつながります。

寝ている間に成長ホルモンが分泌され、肌が生まれ変わるという説を聞いたことがある人は少なくないでしょう。

女性の場合には十分な睡眠時間を取ることで、肌のコンディションに大きな改善が見られることを知っているはずです。

頭皮も肌の一部です。

十分な睡眠をとり、細胞の生まれ変わりのサイクルを正常化しなければ、毛髪の成長にも悪影響が出ます。

良く眠れないと翌朝の仕事や家事のパフォーマンスが落ちます。

ストレスを解消しにくくなるし、皮脂の分泌量も増えてしまいます。

成長ホルモンが正常に分泌されなくなると細胞の生まれ変わるサイクルが乱れがちになります。

頭皮の血行が悪くなると、代謝が落ちて頭皮に栄養が行き渡らない状態になり、毛髪の成長にも悪影響が出ます。

頭皮は乾燥して硬くなり、ますます毛髪が生えにくい環境になってしまうというわけです。

夜はしっかり寝る。

疲れやストレスを強く感じている時は、お酒などもひかえめにしてしっかり入浴をして、1時間は早くベッドに入りましょう。

睡眠時間を1時間長くとるように心がけるだけでも、心と体の疲労回復につながります。

毎日のことですから、どうしても夜遅くまで仕事や約束が入ることもあると思います。

今日は早めに寝る日にしようという日を一週間に一日でいいから作るように心がけ抜け毛の対策をしましょう。

Comments are closed.