頭皮チェックで見えてくる抜け毛の原因

抜け毛が増えたと思ったら、まずは心当たりを整理してみます。

原因がわかれば対策も取りやすいからです。

まずは髪の毛や頭皮の状態をチェックしてみましょう。

頭皮にさわってみて、今までと急激に変わったと感じられるところはありませんか?

頭皮が硬く乾燥していて、指の腹で動かそうにもびくともしない、手触りもごつごつしているという場合には、頭皮に栄養素がまわらず、乾燥も進んで髪の毛が生えてくる環境が悪化していることがわかります。

また、頭皮が柔らかくなっていて、さわった時に違和感があるということもあります。

代謝が悪いと老廃物がたまってむくんだように柔らかくなることがあります。

脂っぽくなっていて、ニオイが気になるという人もいるでしょう。

皮脂の分泌量が増えて、毛穴をふさいでしまっている可能性もあります。

特に問題がなさそうということもあります。

頭皮に症状が出ていないならば、とりあえず生活環境を少しずつ変えて行く対策になります。

食事の内容を充実させ、抜け毛に悪いとされる食べ物や食べ方を改善します。

よく言われるのは肉中心の西洋風の食習慣は身体・頭皮環境に悪いということです。

糖分の取り過ぎ、油分の取り過ぎは特に良くないと指摘されることが多いです。

日本人の遺伝子になじみのない食習慣は、代謝を悪くして抜け毛につながるという考え方です。

何事も程度問題なので、偏食なく食事を楽しむことと、糖分や油分の取り過ぎに注意しようということでしょう。

食事の内容は健康状態にもつながると考えれば、偏食をしないというのは食習慣の基本になってきます。

◎Pickupページ⇒野菜でヘアケア?! 髪のパサつき・白髪・抜け毛対策をしよう! | 美BEAUTE

Comments are closed.