あごって何?あごだしの楽しみ方

あごを用いただしが人気です。

あごとは、トビウオのことで、九州地方や日本海側ではトビウオをアゴと呼んでいます。

アゴは竹輪の原料になったり、クサヤに加工されたり、なめろうの材料になったりします。

トビッコはトビウオの卵です。

あご干しは天日や機械を利用して、乾燥処理したアゴの丸干しで、それをくだいてトビ節を作ります。

また、炭火やガスなどを使って一度焦がしたものを焼きあごといいますが、これをだし作りに利用することも多いです。

あご干しは炭火を使ったり天日干しをして作られますが、地方によってはあごだしでラーメンスープのベースを作るところもあります。

コクがあるしっかり目のだしで、麺のスープに良く合います。

特に九州北部ではあごだしは郷里の味で、五島うどんなどもあごだしベースの汁で食べます。

あごだしはかつおに比べると魚の風味が強く、魚介系ベースのしっかりしたラーメンスープなどには欠かせません。

他の調味料や具材と合せると、さらにコクのあるまろやかな深みのある味が楽しめます。

味噌汁だけでなく、煮物、ラーメン、うどん、鍋、炊き込みご飯などのベースに、あごだしのスープを使うとだしのおいしさが楽しめます。

食べたことがないという人は、簡単に自宅で楽しめるあごのだしが市販されていますから。

味見をしてみるのもいいでしょう。

かつおぶしや昆布などのさっぱりしただしとは違う、こっくりしたおいしさが楽しめます。

おすすめです。